無職・無収入(収入なし)の専業主婦でも夫の収入があればカードローンキャッシング申込OK!

現在貸金業の世界では、総量規制というルールが適用されています。総量規制とは、それぞれの年収をベースにして借り入れできる金額に限度が加わるルールを指します。基本的に、自分の年収の1/3を超えて借入できません。年収が300万円であれば、100万円を超えて貸金業者から借り入れをすることはできません。この総量規制が適用されるようになって、実は問題が出てきています。
専業主婦はどうやって申込み手続きをすればいいかという問題です。専業主婦の場合、自分の収入は一切ありません。年収はゼロという扱いになってしまうので、総量規制のルールが適用される中では、一銭もキャッシングなどの借り入れができなくなってしまいます。もし収入のない、パートもしていない専業主婦がキャッシングやカードローンによる借り入れを希望するのであれば、どのようにして対処すればいいのでしょうか?実は、無職の専業主婦でも借り入れできる方法があります。ここで今一度思い出してもらいたいのは、あくまでも総量規制は貸金業者を対象にした規制ということです。すなわち貸金業者以外の所で借り入れの申込みをすれば、総量規制の対象ではなくなって、専業主婦のような一切収入のない人でも借り入れができるわけです。具体的には、銀行の提供しているカードローンを利用することです。実は貸金業者でも、専業主婦のような無収入の方が借り入れは可能です。しかしそのためには、収入のある配偶者から同意をとらないといけません。同意が取れるのであればいいですが、できることなら配偶者に内緒で借り入れをしたいと思う人もいるでしょう。
銀行のカードローンであれば、配偶者の同意の必要もなく、かつ収入証明書不要で借り入れが可能です。銀行によって対応は若干変わってきますが、100万円以下であれば借入は可能です。ただし専業主婦の場合、どうしても返済能力と言う所で疑問が生じてしまいます。このため、大きな額の借り入れはできないということも頭の中に入れておきましょう。銀行によってこちらも限度額は変わってきますが、一般的には30~50万円程度の買い入れ限度額の中で借り入れできるような商品が多いようです。しかしこれだけの借り入れができるのであれば、日常生活でちょっとお金が必要という場合であれば十分賄うことができるのではないでしょうか?他の貸金業者の借金により総量規制で引っかかっていても、銀行であれば借入が引き続き可能な場合もあります。